技術資料
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

ストロボスコープ、フラッシュ装置とは
ストロボスコープは、閃光時間がおよそ2万分〜10万分の1秒間というとても短い光を、1秒間に最大1000回程度で繰り返し発光させることができる装置です。
この繰り返し発光周期は自由に可変させることができます。
ストロボスコープの発光周期と動いている物体の運動周期が一致したときは、物体が静止した状態に見えます。また位 相をずらすことで、高速で動いているものがあたかもゆっくりと動いているように見えます。
このような特長を活かし、モーターやファンなどの回転体の回転数を計測する非接触式の回転計として使われています。
またその応用として、鉄鋼の圧延やメッキ処理のキズ検査・印刷の色ズレ検査・高速搬送機などの駆動動作状態の観察など、高速で動かしたまま「静止状態」の観察・検査を必要とする分野や、舞台やアミューズメント施設などでの特殊効果 用照明などに広く使われています。
これに加え近年のエレクトロニクスやコンピューター技術の飛躍的な進歩と、生産ラインの高速化・微細化に伴い、「動いているものが止まって見える」ストロボスコープ・ストロボ照明は、多岐にわたる分野で私たちの生活を支えています。
量産品検査や流体計測などの画像処理用照明として、欠かせないものになっているほか、ゴルフクラブやテニスボールなど運動用具の性能解析や運動競技者の動作解析、音や光と組み合わされた特殊噴水装置などのエンターテインメント向けなど、その活躍の場はあらゆる分野に拡がり続けています。

| http://nisshin.foota.info/app/webroot/tec/index.php?e=54 |
| ストロボ科学館::ストロボ・ストロボスコープについて | 03:25 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑