技術資料
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
 

ストロボのワット数と光量
当サイトでは「○○ワットのストロボ電源部」という表記をしています。 ここでいう「ワット」とはその電源が単位 時間あたりにランプに供給できる最大電力量を表します。 (「最大ランプ入力電力量 」ともいいます。)
この電力量は次の式により導き出されます。 W=J/F(ジュール・パー・フラッシュ)×f (ワット数=1フラッシュあたりのランプ入力電力×1秒間あたりの繰り返し発光周波数)
つまり同じワット数の電源でも、 ジュール数(J/F・1フラッシュあたりのランプ入力電力)が大きくなると1秒間あたりに繰り返し発光できる回数が少なくなる、ということです。 例として次の2つのストロボ電源 "CF-15S3"と"CF-15S15"を比較してみましょう。 これらは共に15ワットのストロボ電源部です。
型式CF-15S3CF-15S15
ワット数(=最大ランプ入力電力量)
15ワット
最大ジュール数5J/F1J/F
繰り返し発光周波数3Hz15Hz
同じ15ワットのストロボ電源ですが、1フラッシュあたりの光量はCF-15S3型の方が明るくなります。 1秒間あたりの発光周波数は、光量が小さくなっている分、CF-15S15型の方が多くの発光回数が確保できることになります。

| http://nisshin.foota.info/app/webroot/tec/index.php?e=63 |
| ストロボ科学館::ストロボ特性 | 02:34 PM | comments (x) | trackback (x) |
ストロボ発光時間
ストロボの発光時間は一般的に、1フラッシュの光量の半値幅(発光波形の50%-50%間の値)で規定されます。
  • カタログに記載の「発光時間」は全て半値幅での表記です。
  • ランプの種類・ガラス管の太さ・電極間の距離・1フラッシュあたり  のランプ入力電力(J/F)・電源とランプの距離、などの要因により、  同じ電源を使用した場合でも発光時間は変わってきます。一般 的には  おおよそ次のような関係にあります。


| http://nisshin.foota.info/app/webroot/tec/index.php?e=62 |
| ストロボ科学館::ストロボ特性 | 02:27 PM | comments (x) | trackback (x) |
ストロボ発光波形図


| http://nisshin.foota.info/app/webroot/tec/index.php?e=61 |
| ストロボ科学館::ストロボ特性 | 02:26 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑