ストロボスコープ・ストロボ装置・LED照明装置
日進電子工業株式会社 NISSIN ELECTRONIC CO., LTD.
お問い合せは sales@nissin-ele.co.jp
会社案内サイトマッププライバシーポリシー
製品情報 カタログ請求 技術資料 お客様窓口
製品情報
製品ラインナップ
使用事例
商品検索
■型番(英数字半角・型番の一部でもOK)
■製品名(製品名の一部でもOK)
■全文(一部でもOK)
テスト機 無料貸出依頼
はじめての方へ
ゾートロープの館
ストロボ科学館
使用事例
使用事例
九州工業大学
九州工業大学
宇宙ごみ(スペースデブリ)の衝突シュミレーション実験に日進電子のストロボが活躍しています。
画像提供:九州工業大学工学部宇宙工学講座
赤星保浩様
※PLAYボタンをクリックすると、動画をご覧いただけます。
使用ストロボ: ショートアーク・パワーフラッシュ
型式: ストロボ電源部 SA-200F
ランプハウス   LH-SA1H
撮影速度 500kfps
露光時間 1/2(1μs)
飛翔体 直径7mm球 アルミニウム
飛翔体速度 2.1km/sec
ターゲット アルミニウ板 15度傾斜
「何のための研究/開発なのか」
 将来の宇宙有人施設を宇宙ごみなどの衝突から守るための方法(防御方法)を開発するためです。
「研究/開発の目的は何か」
 ウィップルバンパーというアポロ計画から使われている防御方法を採用しています。この防御方法は二重壁構造からなっており、一枚目で宇宙ごみを粉砕し、その破片をできるだけ拡散させることで、二枚目に衝突する際の単位面積当たりの衝突エネルギーを減らすのが目的です。
このため、高速度ビデオやX線などを用いて、飛散状況の計測を行っています。
「どのような実験装置を用いているのか」
 二段式軽ガス銃という特殊な銃を用いて秒速2kmから5kmの速度を発生させています。
今回の実験では、限られた実験回数内での実験であったために、秒速2km前後に設定し、衝突角度を変化させています。
「高速度撮影像から何が分かるのか」
 衝突角度を変化させたときに、破片の飛散状況がどのように変化するかを高速度ビデオの画像から計測しています。
別に、X線で撮影した画像から得られたデータとも比較し、両者が同じような傾向になっていることを確かめています。
 
◆関連リンク:→「きぼう」日本実験棟船内実験室バンパ高速衝突試験